トップページ>足のトラブル

足のトラブル

足のトラブルメイン

二足歩行の人類にとって、足は体全体を支える骨格システムの基礎です。

ですから、足のアライメントのわずかな誤差でも、足のアーチを崩壊させます。

さらに緊張した筋肉、背骨のゆがみ、そして適切ではない姿勢へと進行します。

適切なアライメントを整える強固な基盤がなくては、足の痛みは足首に、膝に、腰に、背中に、肩に、そして首へ、次々と続いてしまいます。

仲良く走る相手は痛みではありません。

走るならスーパーフィートと一緒に。

気になる病名から調べる


痛んだり、違和感があったりする、部位から調べる

踵(かかと)
膝(ひざ)
足先(前足部、爪先、指など)
脛(すね)

 

アキレス腱

症状
アキレス腱炎

踵の後部に痛み、または焼けるような感覚、あるいはその両方がある

一般的な原因

足部の過剰回内運動によるアキレス腱の疲労

足部の過剰回内運動にともなうアキレス件の負荷の増加

ふくらはぎとハムストリングの柔軟性の欠如

対策

スーパーフィートで足部の過剰回内運動によるアキレス腱の緊張を和らげよう

ヒールカップで踵を挙げて腱の緊張を軽減させよう

両足のシューズの踵を少し高くして腱の緊張を抑えよう

▲このページのトップへ戻る

シンスプリント

症状
シンスプリント

すねの前面または側面に苦痛と不快感がある

しばしば衝撃が大部分の不快感の原因となる

A前面 一般に前脛骨筋からすね前面の底部に痛みが伴う

P後綿 一般に後脛骨筋から下腿後面の底部に痛みが伴う

一般的な原因

しばしば足部の過剰回内運動と過度な練習による過負荷(距離・坂・速度などの増加)

下腿筋肉の柔軟性不足 固い路面でのランニング(アスファルト・コンクリートなど)

対策

スーパーフィートで下腿筋肉の過度の緊張を減少させよう

適切な疲労回復を図るようトレーニングを調整しよう

下腿の筋肉を強化して柔軟性を向上させよう

目的にあった構造とサポート性能の優れたシューズでトレーニングを行おう

▲このページのトップへ戻る

膝蓋大腿骨ストレス症候群

膝蓋大腿骨ストレス症候群

症状

運動中の膝の痛み、または凝り感、あるいはその両方がある

一般的な原因

不安定な膝の動きを抑制するために起こる腱と靭帯の疲労

足部の過剰回内運動にともなう負荷の増加

ふくらはぎとハムストリングの柔軟性の欠如

対策

スーパーフィートで足の骨格を整え疲労を軽減させよう

柔軟性を向上させ大腿の筋力を強化しよう

▲このページのトップへ戻る

腸脛靭帯症候群

腸脛靭帯症候群
症状

膝の外側に沿って痛む

通常は走行中に痛みが増す

一般的な原因

足部の過剰回内運動による筋肉の弛緩

弛緩が大腿骨頭部の摩擦による不快感をひきおこす

湾曲した脚はリスクが上昇

著しく左右の傾いた路面でのランニング

対策

スーパーフィートで足部の過剰回内運動を抑制させよう

ストレッチとマッサージを実践しよう

臀部及び脚部の筋肉を強化しよう

著しく左右の傾いた路面でのランニングは避けよう

▲このページのトップへ戻る

足底筋膜炎

足底筋膜炎
症状

踵の痛み(特に朝の起床時)

アーチと足底部に沿った痛み

長期的な場合はしばしば踵骨棘を発祥させる

踵骨棘:踵の足底筋膜付着部に繰返し加わったストレスによって発生する骨の突起

一般的な原因

足部の過剰回内運動とアーチの落ち込み

足底筋膜の長期的緊張と炎症

下腿三頭筋の柔軟性の欠如

平らな地面だけのウォーキング、あるいはスタンディング、またはその両方

サポートが不十分なシューズ

対策

スーパーフィートで足底筋膜の疲労や緊張を減少させよう

下腿三頭筋の柔軟性を改善しよう

スーパーフィートを使用し、作業靴、カジュアルシューズ、ドレスシューズ、ハイヒール、ヒールの低いシューズなど、すべてのシューズで適切なサポート環境を作ろう

▲このページのトップへ戻る

中足骨痛症

中足骨痛症

症状

前足部底面の軟部組織の痛み

前足部の痛みや圧痛

一般的な原因

通常は足部の過剰回内運動による前足部周辺の以上な圧力

柔らかくサポートが不十分なシューズの使用

対策

スーパーフィートで中足骨頭の圧力を適切に分散しよう

スーパーフィートで後足部と中足部を適切にサポートし、前足部底部の圧力を適切に分散しよう

▲このページのトップへ戻る

ハンマートゥ

ハンマートゥ

症状

爪先の関節の拘縮(二番目の関節が最も一般的)

シューズとの摩擦による爪先の魚の目、あるいはタコ、またはその両方

一般的な原因

足部の過剰回内運動

ある種の関節炎、遺伝形質および神経学的な要因

爪先を掴んで足部を安定させようとする動作

収縮する筋は強く短くなり、相対する筋は弱く長くなる

対策

爪先部分の筋収縮を緩和させ、筋腱の不要な損傷を防止しよう

(例:爪先部分の余裕)

スーパーフィートで踵回りの関節をコントロールして足部を安定させ、不要な足指のグリップを減らそう

スーパーフィートはバイオメカニクス以外を起因とする拘縮には限界があり効力がない

(例:病気・神経疾患・外傷など)

一度でも完全に拘縮した場合の救済手段は手術のみ

ハンマートゥのためのメタターサルパッドの処方に関しては医師にご相談ください

▲このページのトップへ戻る

外反母趾(バニオン)

外反母趾(バニオン)

症状

足の親指の関節(第一中足骨関節)の炎症と変形

足の親指の関節(第一中足骨関節)の動作範囲の減少

一般的な原因

関節内部で疲労と刺激の原因となる足部の過剰回内運動

関節の刺激や変形を進行させる、フィッティングが不適切なフットウェア

対策

スーパーフィートで後足部をサポートして関節への衝撃と圧力を減少しよう

シューズのフィッティングを改善して足部環境を整えよう

▲このページのトップへ戻る

モートン病

モートン病

症状

前足部、しばしば爪先の間に焼けるような痛みがある

第三・第四中足骨の間が最も頻繁に痛む

(爪先の間で痛みが広がることもある)

一般的な原因

前足部側面の圧迫

不適切なフットウェア(例えば幅が狭い、または爪先部分に余裕のないシューズ、あるいはその両方)による症状の進行

足部の過剰回内運動による中足骨と爪先の間を通る神経への刺激

痛みを感じる刺激や神経の周りの炎症

対策

スーパーフィートで前足部の圧力を適切に分散させよう

スーパーフィートで後足部と中足部を適切にサポートし、骨格のアライメントを整え、前足部底面の圧力を分散させよう

▲このページのトップへ戻る

足助言師お品書き

足助言師とは足とスーパーフィート足入門連載第1回連載第2回連載第3回連載第4回連載第5回連載第6回お客様の声お問い合わせ

スーパーフィートトリム

スーパーフィートドレス

スーパーフィートカスタム

スーパーフィートソックス

スーパーフィートサンダル

足助言師をフォローミー

社長ブログ

日新楽天市場店